• AIDを受けようと思った理由、または入社を決めた理由は?
  • 就職活動中にSEという仕事があることを知り、興味を持ちました。ですが、自分自身が文系だったため、いろいろとやっていけるか不安なことが多々ありました。多くのIT企業が理系に絞って募集をしているということがあったからだと思います。AIDの会社説明会に参加し、不安が解消され「この会社に入りたい!」と強く思いました。決め手は、研修が充実しているということ、文系の方でも活躍されているという話を聞けたことです。また、九州にも拠点があるということもありAIDを選びました。

 

  • 現在のプロジェクト概要と、自分の担当職務は何ですか?
  • いろいろなパートナー会社と協力し、新しい技術を使い海外の企業向けの業務システムを作っています。プロジェクト規模が大きく、プラットホームチーム、業務チームの2つに分かれています。わたしは業務チームで設計、テストに携わっています。どのようなシステムにするかを決めるため、システムの仕様概要を資料化し、お客さまと内容のレビューや打ち合わせをおこないます。レビューの際に受けた指摘事項や変更点を資料に反映させ、再度お客様に提示し、システムの仕様を固めていきます。また、パートナー会社と連携が必要な部分についても、同様にレビューや打ち合わせを行いIF(インターフェース:システムとシステムをつなぐ部分のこと)などの仕様を決めていきます。最初は会話の内容を理解するのに苦労しました。次々と知らない言葉が登場するので、それらを理解するための努力や勉強も必要ですが、好奇心も必要だと思います。

 

  • 今までの仕事で大変だったことは?
  • 仕様書の作成は今でも苦労しています。特に他社が作成する機能とのIFの仕様書を作成したときは、相手にイメージが正しく伝わるよう意識しました。また、些細な記載ミスが不具合に繋がるのでレビューを行いました。仕様書作成 → 社内でのレビュー → お客様に提示 → 要求要望 → 検討 →仕様書作成 →・・・を何度も何度もくりかえして少しずつ決めていきました。いろんな人が見ても伝わるものを、と考えると悩むことが多いです。
    その他にも、システムのテストをするために海外へ出張したこともあったのですが、初めての出張が海外ということで緊張してしまい、少し体調を崩してしまいました。それ以来、体調管理に注意するようになりました。体は資本なので大切だと実感しました。

 

  • SEの仕事をする上で必要なことは?
  • 「気づく」ことだと思います。障害に気づく、考慮漏れに気づく・・・例を挙げればきりがないですが当たり前のことを当たり前にできることが大切だと思います。まだまだ修行中なので、少しでもいろんなことに気づける人になりたいです。

 

  • ストレス発散方法は?(趣味など・・)
  • 音楽を聴くのが趣味です。最近はお風呂にスピーカーを持ち込み、入浴剤を入れたお風呂でのんびり過ごすのがマイブームです。これをするといつもよりもぐっすり眠れます。あとは、友人たちと買い物に行ったり、屋台、もつ鍋屋に飲みに行ったりします。

 

  • 会社や職場の雰囲気などを教えてください
  • わからないことがあり先輩社員に質問すると、とても丁寧に教えてくれます。また、入社して最初の一年は先輩社員がサポーターになり、会社や仕事に関する疑問に答えてくれます。お昼になるとリフレッシュがてら外に食べに行くことが多いです。プロジェクトごとに固まって仕事をしていますが、こういうときはチームに関係なく一緒にお昼を食べに行きます。

 

 


就職活動中の学生の皆さんへ一言メッセージをお願いします!

「就職活動はお見合いみたいなものだ」と聞いたことがありますが本当にそのとおりだと思います。将来を決める大きな分岐点となるので、自己分析などで、自分が何に向いているのか何をしたいのかなど、考えることが沢山あると思います。沢山悩んで迷って、納得のいくものにして下さい。