• AIDを受けようと思った理由、または入社を決めた理由は?
  • 独立系の会社なので様々な仕事ができると思ったことがきっかけです。多くのプロジェクトを経験し、自分自身のスキルアップに繋がる点に魅力を感じました。また、就活中は社会人になることへの不安もありましたが、AIDは研修制度が充実しているため、安心してエントリーできました。入社の決め手は、説明会や面接を通じて社員の方々と接し、みんな良い人そうだなと思ったことです。

 

  • 現在のプロジェクト概要と、自分の担当職務は何ですか?
  • 現在は某金融機関が業務に使用する営業支援系システムの保守に携わっています。銀行がお客さんにお金を貸す際に使用するシステムです。保守とは既に稼働しているシステムに対して、問題発生時に改修対応したり、新たな機能追加などを行う役割です。具体的には、銀行の要望を受け、システムとしてどう実現するかを考え、設計、製造、テストをしていきます。SEというと常に忙しいイメージがあるかと思いますが、しっかりスケジュールを組み進捗させているため、公私ともに充実した生活をおくれています。

 

  • 今までの仕事で大変だったことは?
  • 入社一年目のときです。大学でプログラミングの勉強はしていたのですが、仕事では勝手が違いミスも多くしました。開発に使用していたデータベースを間違って消してしまったこともありました。そんな時、先輩社員の方々にフォローしていただき、なんとかやり切ることができました。

 

  • SEの仕事をする上で必要なことは?
  • 色々ありますが、一番はやはりコミュニケーション能力です。システム開発は1人でできる仕事ではありません。プロジェクトメンバーと連携をとりながら進める必要があります。プログラミングスキルや論理的思考は比較的容易に仕事を通じて身につけられますが、コミュニケーション能力はより意識して取り組む必要があります。

 

  • ストレス発散方法は?(趣味など・・)
  • 趣味はダーツ、映画鑑賞、サッカー観戦等です。サッカー日本代表のチケットを取り、仕事帰りに同期と観戦に行っていました。

 

  • 会社や職場の雰囲気などを教えてください
  • 現在の職場にはAIDの社員だけでなく他会社の方も多くいます。一緒に真剣に、ときにはワイワイしながら仕事をしています。また、AIDにはダーツ部があり、みんなで練習したり、地方のダーツ大会に遠征もします。

 

 


就職活動中の学生の皆さんへ一言メッセージをお願いします!

就職活動中にこんな言葉を聞きました。「就活生はどの会社に行こうか悩むけど、それよりも行った会社で何をすべきかを悩め!」だそうです。就活というのは本当に縁だと思います。受かった会社に行けば良いと思います。そこで自分ができることは必ずあります。頑張って下さい!